東京・埼玉・神奈川の注文住宅・分譲住宅を扱うハウスメーカー、トヨタホーム東京です。

 実例 お客様の声

トヨタホームの鉄骨軸組工法の特徴であるアール外観が目を惹く2階建ての住宅です。玄関を開けると、すぐに大きな吹き抜けと2階まで続くタイルが印象的です。 2階の廊下には、洗濯物をすぐに取り込めるスペースを設置。急な雨にも対応できると奥様にも好評です。 アールの内側はご主人様の書斎スペースに。仕事に集中したい時にはこの部屋で行うそうです。
 

街並みに溶け込むように佇む、モノトーンの外観が印象的なW様の新居。和室と繋がる開放的なLDKのほか、子どもたちが自由に使えるファミリースペースなど、W様のこだわりの住まいには、親子の快適な暮らしを考えたエッセンスが随所にちりばめられています。水平、垂直のラインを活かし、白と黒のモノトーンにまとめた外観。大黒柱をイメージしたデザインにすることで、存在感のある直線的なフォルムをより一層際立たせています。駐車場から雨に濡れることなく出入りができるなど、使い勝手を考えた導線も魅力です。
 

住まい全体の空間づくりのコンセプトとなっているのが、開放感の演出です。東側の広い公園を見下ろす抜群のロケーションを活かすため、景色を見渡せるように大きな窓を配置。夜はスケルトン階段をライトアップするなど、見せ方の演出にもこだわっています。「キッチンでお料理している時も、リビングでくつろいでいる時も、景色の美しさと開放感を実感できます」と奥さま。自然の心地良さを実感できる暮らしに、大満足のご様子です。
 

周囲のランドマークになるような外観とインナーガレージがご要望のI様。角地の部分に配置したR外壁と暖炉の煙道にて道路面から見たデザインを意識しました。また無垢材フローリングとペレットストーブでカフェのような落ち着きと温かみのあるインテリアを実現し、ご主人様のご要望だったインナーガレージは道路との高低差を活かし、高さのある開放的な空間を演出しました。ロフト部分に配置した最上階のカフェスペースは2階のLDKと吹き抜けで繋がり、飽きのこない癒しの空間として使用して頂いています。
 

南側1面に繋がった広いバルコニーが特徴的なI様邸。1階に設置したブラインド式シャッター『エアリーガード』も非常に重宝しているとのことでした。 内装ではキッチンの面材と床材にこだわり、高級感を演出。リビングのアクセントに取り込んだエコカラットも部屋の雰囲気に非常にマッチングしています。
 

30年住まわれた住宅の建て替えをご計画されていたY様。屋根には10kw以上の太陽光発電パネルを設置し、毎月の電気代もかなり助かっているとのことでした。インテリアでは、今まで住まわれていたご自宅で利用されていたシューズボックスやダイニングテーブルなどそのまま利用されたいというご要望を頂いていましたので、インテリアもそれらの家具に合わせて計画をご提案させて頂きました。
 

白のセラミック外壁と黒のタイル外壁のコントラストが印象的なY様邸。シャープなイメージの外観は窓の配置や形状までこだわって設計させて頂きました。ダイニングに設置されたスケルトン階段と吹き抜けで2階との繋がりや広がりも感じることが出来ます。また、計画当初からご主人様がこだわられていたインナーガレージは横幅を6メートルで設計させて頂き、ユニット構造の特徴を最大限発揮した設計にご満足頂いております。
 
何より、客人を驚かせたかったというM様。玄関扉を開けると大理石の床が目に入るエントランスは、玉砂利とアップライトの演出が美術館を感じさせます。ペントハウス天井部まで届く吹抜とスケルトン階段を組み合わせ、空間にさらなる開放感を与えてくれます。
 

1日のうち、ほとんどの時間を過ごされるというLDK。
天井高5mの吹抜は、空間を立体的に広く感じさせ、窓からのやわらかな日差しが、シンプル&モダンで統一された部屋全体に包み込みます。
キッチンは、趣味のパン作りのために、作業スペースを確保。
また、3帖の畳スペースが、和みの空間を演出。腰掛けたり、寝転んだり、LDKのアクセントになっています。
 

診療室の不透明性を払拭する、オープンで華やか、そして清潔感のあるデザインに。センターに配されたガラス張りの吹抜は、スタッフ全員の動きが見えるよう工夫しました。6連のスリット窓が印象的な院長室。自然採光へのこだわりと、外観の「院の顔」をデザインする意味を持ちます。
また大理石を用いた受付フロアは、高級感と併せて防水仕様に。
水を流して清掃でき、衛生的な環境を保つことができます。
 

トヨタグループの方からのご紹介でご建築いただきましたN様。
家の基本性能を重視し、高い耐震性と大空間にこだわりました。
内外装は白を基調とした構成となっており、自然を感じさせる緑が多く配置されております。
 

トヨタホームの所沢展示場を気に入って頂き、シンセフィーラスをご建築頂いたI様。存在感を感じさせる寄棟の大屋根が特徴的です。
ワイド&ハイサッシと、吹き抜けから差し込む光がリビングを明るく照らします。また、吹き抜けがあることで、2階からでもリビングの家族の気配を感じることができます。そして、広いロジアバルコニーが落ち着きと寛ぎの空間を作り出します。
 

建物をコの字型にすることで、各部屋の採光を確保。
また、ご家族の一員であるネコちゃんの動線も最大限考えたプランを実現しました。運動不足にならないように、キャットステップを壁一面に配置し、ドアにもネコちゃん通路を設けています。階段下の有効活用方法として、ネコちゃん用のトイレスペースを確保し、見た目もスッキリ。照明計画にもこだわり、夜になるとまた別の顔を見せてくれます。
 

青と白の外壁と、南面に向いた開放的な窓が特徴的なS様邸。
外壁にあわせた青い玄関ドアもLQならでは。
シンセシリーズの特長である大空間・大開口を最大限に取り入れたプランニングをご提案しました。2階も現在は広々としたお子様のプレイルームとなっていますが、将来的には2部屋にセパレートすることもでき、高い可変性を実現しています。
 

眺望を重視し、人気の高台エリアにご建築頂きましたO様。 玄関はお二人の趣味であるロードバイクを飾れるスペースとしてご提案しました。 中庭に接しているスケルトン階段とユニットならではの大きい吹き抜けがダイニングキッチンを明るく照らします。 書斎コーナーはご主人様が趣味のDIYで一から作られたそうです。
 

インナーガレージとアプローチには高級感のあるタイルと埋め込み式の照明をあわせることで、ショールームのような仕上がりが特長のH様邸。
愛車を眺められる書斎コーナーはご主人様お気に入りのスペースです。
 

家族みんなのこだわりがたくさんつまったO様邸。
スタイリッシュなペニンシュラキッチンは収納量もたっぷり。
リビングアクセスのスケルトン階段にすることで空間を広く開放的に。
 

白と黒のコントラストを前面に出し、シャープなデザインのM様邸。
グレーチングバルコニーを取り入れることにより1階にも陽の光が降り注ぎます。
大理石調の床材を使用することで高級感を演出しつつ、掃除がしやすいと奥様にも好評です。
 

街に溶け込むナチュラルテイストな外観の店舗併用住宅。
ユニット工法の特長である大空間を活かした設計により広い店舗空間を実現。
また、エントランス部分には開口部を多く取り入れお客様を明るくお出迎え。
 




トヨタホーム東京 お問合せトヨタホーム東京資料請求トヨタホーム東京展示場来店予約
LINE@友達募集


PAGE TOP

 PAGE TOP
| プライバシーポリシー | サイトマップ |
トヨタホーム東京トヨタホーム東京株式会社
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-18 トヨタ九段ビル 〈フリーダイヤル〉0120-055-095 〈TEL〉03-3221-8662(代表)