東京・埼玉・神奈川の注文住宅・分譲住宅を扱うハウスメーカー、トヨタホーム東京です。

 実例 お客様の声

トヨタホームの鉄骨軸組工法の特徴であるアール外観が目を惹く2階建ての住宅です。玄関を開けると、すぐに大きな吹き抜けと2階まで続くタイルが印象的です。 2階の廊下には、洗濯物をすぐに取り込めるスペースを設置。急な雨にも対応できると奥様にも好評です。 アールの内側はご主人様の書斎スペースに。仕事に集中したい時にはこの部屋で行うそうです。
 

街並みに溶け込むように佇む、モノトーンの外観が印象的なW様の新居。和室と繋がる開放的なLDKのほか、子どもたちが自由に使えるファミリースペースなど、W様のこだわりの住まいには、親子の快適な暮らしを考えたエッセンスが随所にちりばめられています。水平、垂直のラインを活かし、白と黒のモノトーンにまとめた外観。大黒柱をイメージしたデザインにすることで、存在感のある直線的なフォルムをより一層際立たせています。駐車場から雨に濡れることなく出入りができるなど、使い勝手を考えた導線も魅力です。
 

ご夫婦のコミュニケーションを大切にしたいという想いから、ワンフロアのリビング とオープンキッチンを実現。プライバシーにも配慮した安らぎの大空間LDKには、いつもご夫婦や友人たちの笑顔があふれています。元々、屋上が欲しかったので、屋根はフラットに。近隣への気配りをカタチにし、外観はあえて総3階建てにせず、見た目の圧迫感を抑えた造りになっています。
 

たっぷりの光を採り込み、気持ちの良い風が通り抜ける3階のリビング・ダイニングは、家族みんなの笑顔がいつも集う、とても心地良い空間になりました。また3階リビングからつづくバルコニーは、周囲の視線を気にすることがなく安心して子どもたちを遊ばせられる広々空間に。さらに3階に水回りを集めたことで、バルコニーへの行き来が楽になり、たっぷりの洗濯物でもまとめて干すことができます。二世帯みんなが心地よく暮らせる家にしたいという願いどおり、笑顔があふれる住まいを実現されました。
 

周囲のランドマークになるような外観とインナーガレージがご要望のI様。角地の部分に配置したR外壁と暖炉の煙道にて道路面から見たデザインを意識しました。また無垢材フローリングとペレットストーブでカフェのような落ち着きと温かみのあるインテリアを実現し、ご主人様のご要望だったインナーガレージは道路との高低差を活かし、高さのある開放的な空間を演出しました。ロフト部分に配置した最上階のカフェスペースは2階のLDKと吹き抜けで繋がり、飽きのこない癒しの空間として使用して頂いています。
 

住居部分のコンセプトは、毎年ご家族で旅行に出かけられるという「ハワイ」。3階のリビングやダイニングには、マホガニー材を使った家具を配置するなどハワイをイメージさせる木目調のリラックス空間が広がります。またお母様が将来車椅子になった時を想定してエレベーターも設置。「実際に住んでみると荷物を運ぶのにも大活躍しています」と奥様も頻繁に使われているそうです。
 

何より、客人を驚かせたかったというM様。玄関扉を開けると大理石の床が目に入るエントランスは、玉砂利とアップライトの演出が美術館を感じさせます。ペントハウス天井部まで届く吹抜とスケルトン階段を組み合わせ、空間にさらなる開放感を与えてくれます。
 

1日のうち、ほとんどの時間を過ごされるというLDK。
天井高5mの吹抜は、空間を立体的に広く感じさせ、窓からのやわらかな日差しが、シンプル&モダンで統一された部屋全体に包み込みます。
キッチンは、趣味のパン作りのために、作業スペースを確保。
また、3帖の畳スペースが、和みの空間を演出。腰掛けたり、寝転んだり、LDKのアクセントになっています。
 

診療室の不透明性を払拭する、オープンで華やか、そして清潔感のあるデザインに。センターに配されたガラス張りの吹抜は、スタッフ全員の動きが見えるよう工夫しました。6連のスリット窓が印象的な院長室。自然採光へのこだわりと、外観の「院の顔」をデザインする意味を持ちます。
また大理石を用いた受付フロアは、高級感と併せて防水仕様に。
水を流して清掃でき、衛生的な環境を保つことができます。
 

アプローチを抜けると、のれんの先には瀟洒な新店が。お客様がゆったりと鮨を愉しめる空間へのこだわりは、厨房と板場の動線。お客様をスムーズにおもてなしできるよう、什器の寸法や配置、焼き場の高さにまで、こだわり抜きました。また、店内をシックに演出するクロスと、和食器の風合いが、落ち着いた上質の空間を創出しています。
 

3階建ての重量鉄骨造から建替えをされたK様邸。 道路面のサッシにルーバーを設置し、外観のアクセントに。 洗面室は作業スペースを設けることで、家事効率アップ。 キッチンはオーダーメイド。 また、冷蔵庫を奥のパントリーに入れることによって、スタイリッシュな空間に。
 

タイルと木調ルーバーが特徴のスタイリッシュな二世帯住宅。
ご主人こだわりのガレージは、一歩足を踏み入れると、まるでショールームのような雰囲気。 車の配置やデザインについて設計担当と綿密な打ち合わせを幾度も重ねました。
 

トヨタグループの方からのご紹介でご建築いただきましたN様。
家の基本性能を重視し、高い耐震性と大空間にこだわりました。
内外装は白を基調とした構成となっており、自然を感じさせる緑が多く配置されております。
 

印象的な外観が街のアイコンとなっているS様邸。 スタイリッシュなデザインで洗練さを感じながら、リゾートのようなくつろぎの空間を実現しました。 都心という立地であっても「外に向かって閉じ、内に開かれた住まい」という商品コンセプトのもとプライバシーと開放感を確保しました。
 

意匠性の高い木調ルーバーを立体感のある外壁と組み合わせて洗練された印象のある都市型3階建て住宅。
外からの視線をかわし、内にひらくことで陽の光を取り入れ明るいくつろぎの空間を実現しました。
 

重厚感のある佇まいと木調ルーバーが特長的なT様邸。
スケルトン階段からは上階の光が降り注ぎ、リビングを明るく照らします。
LDKには大判のタイルを敷き詰め、キッチンにはステンレス天板を採用し、スタイリッシュな印象に。
 

賃貸と自宅部分のエントランスをはっきり分けることで、
オーナー様と入居者様の程よい距離感を実現した、スクエアでスタイリッシュな外観の賃貸併用住宅。
家族が長時間過ごすLDKでは、キッチンから全て見渡せるようにレイアウトしました。
 

月日が経過するにつれて趣が増すコンクリート外壁が存在感を感じさせるY様邸。
1階のインナーガレージは高さのあるミニバンでも2台は止められる大きなスペースで、その先の玄関扉を開けると石垣風の壁が落ち着きのある玄関空間を演出します。
 

白と黒のコントラストを前面に出し、シャープなデザインのM様邸。
グレーチングバルコニーを取り入れることにより1階にも陽の光が降り注ぎます。
大理石調の床材を使用することで高級感を演出しつつ、掃除がしやすいと奥様にも好評です。
 

目指したのは、将来にわたってファミリー層に「マイホームを買うよりも、ここにずっと住み続けたい」と思っていただけること。
街並みに溶け込む美しい曲面外壁デザインと自由度の高いプラン、10~20年先を見据えた付加価値の高い仕様で、 一歩先いく都市型賃貸経営を実現しました。
 

スクエアフォルムと木調ルーバーが印象的な都市型3階建て住宅。エントランスは門柱と玄関ドア・アプローチの調和性にこだわりオシャレな雰囲気に。
リビングに吹き抜けを取り入れることで明るい光が降り注ぎます。
奥様こだわりのU型キッチンや階段入口のアーチなどが家全体をかわいらしい雰囲気に仕上げました。
 

シンプルでオーナー様のこだわりが詰まった住宅。特にこだわったのは外壁とキッチンです。落ち着いた色合いの中に、インパクトあるファサードと、フルハイトバルコニーがプライバシーも守ります。
キッチンは家族が見渡せるI型を採用し、モダンなスタイルに仕上げています。 また、ガレージは家と一体感を持たせ、玄関からは車を見ることができる工夫も。3階まで高さのある吹き抜けは、エスパシオならではの広々とした空間を実現。昼と夜で異なる顔を見せてくれます。
 

外観の重厚感が特長の階建て住宅です。エントランス部分はタイルとエクステリア門扉が住宅をひときわ目立たせます。
内装はダークで統一し、間接照明を設置してリビングをオシャレな雰囲気に仕上げています。
広々としたバルコニーには木調の軒天を使い、住宅全体に統一感をつけています。
 




トヨタホーム東京 お問合せトヨタホーム東京資料請求トヨタホーム東京展示場来店予約
LINE@友達募集


PAGE TOP

 PAGE TOP
| プライバシーポリシー | サイトマップ |
トヨタホーム東京トヨタホーム東京株式会社
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-18 トヨタ九段ビル 〈フリーダイヤル〉0120-055-095 〈TEL〉03-3221-8662(代表)